ホーム 製品 シーケンサー イベント お気に入り 写真
長く使うには(初期性能を維持させるには)
  ・
通電していると誇りを引き寄せます、時々内部の誇りも除去しましょう。
  ・
内部の部品で、温度が上がると急激に寿命が短くなるものが有ります、
    通気を良くし温度上昇しないようにしましょう。
  ・
誇りの少ない所で使いましょう、ボリューム・スイッチ内部に入り
    "ガリ"等接触不良になります。
  ・
湿気の少ない所で使いましょう、内部の基板、
    半田のヤニ・誇りが湿気を吸い絶縁性能が悪くなります。
  ・
振動の少ない使い方をしよう、内部の部品が振られ、
    リード線が接触不良に鳴ったり、ネジの緩みの原因になります。

  修理を行っていて、年月と共に樹脂。ゴム等の変質・硬化等があります。メーカーが保守を打ち切っていれば対応出来ない事が多いですが、修理の多くは電気部品が占めています。上記の条件を満たすようにして、長く大切に使いましょう。


修理項目
  AMP(真空管・半導体)
     デジタルアンプ等はメーカー専用部品の場合は出来ません。
  ラジオ(真空管・半導体)
     IC化された物は、専用部品が有る為難しいです。
  TV(真空管等)
     半導体も出来ますが、メーカー専用部品の場合は出来ません。
  基板の破壊を復元
     1枚だけ基板を作って復元するなど。(相談してください。)
  機構部品が破壊した。
     複雑アーム、ギア、カム等は出来ませんが簡単な形状の場合対応可能。(相談してください。)

料金
  診断料金
     ・6000円(持ち込みは1000円割引)

  修理料金(目安)
     ・異物を入れてしまった場合:分解⇒取り出し⇒組立て  料金6000円〜
     ・ヒューズ切れ:分解⇒調査⇒修理⇒動作確認⇒組立て⇒通電確認⇒動作確認 約料金20000円
       金額は複数破壊している場合は高くなります。
     ・最大50000円とし、それ以上は相談いたします

  オーバーホール(部品等の劣化が進み部品を入れ替える等)料金(20000円〜100000円)
     ・内容によって異なりますので相談ください。

  改造(昔の真空管TVに地デジ入力を付ける等機能を追加する)料金(10000円〜)
     ・内容によって異なりますので相談ください。

  音のチューニング
     ・内容によって異なりますので相談ください。

  料金目安:1時間2500円
珍しいものPHOTO
日本には無いラジオの形状です。
 アンティークでありながら、古さを感じさせないデザイン。
 修理を終え、写真を撮らせていただきました。
 MIYATAの自転車用ウインカー
 初代の物です。
 ゲルマニュームトランジスターを使っていました。
 花の様な電子のマーク?
  連絡はこちら